虫歯

誰もが予防しなければならない事

虫歯になるメカニズムとは?

虫歯の原因は細菌です!そして虫歯を悪化させてしまう最大の原因は「虫歯の存在を知っていて放置すること」です。歯周病と同様に、虫歯も細菌の感染が原因ですが、それぞれ別の原因菌が存在します。
歯の表面に粘着した菌の塊がプラーク(バイオフィルム)、これが食事のたびに栄養を取り込んで、酸を放出します。放出された酸が「エナメル質」内部に浸透して歯を溶かし(脱灰)、硬い 歯がまるで豆腐のように柔らかくなります。この歯が柔らかくなった部分を一般的に「虫歯」と呼ぶのです。そこに虫歯菌が侵入して、さらに内部への穴の連鎖が続いていきます。これが、虫歯ができて、深く進行していくメカニズムです。虫歯予防に必要なのは、虫歯の原因を除去するだけではありません。進行のメカニズムをうまく利用する方法もあるのです。

代表的な3つの虫歯治療法

1.樹脂などで詰める(小さな虫歯)

小さな虫歯は、削り取った後、(中程度の虫歯)中程度の虫歯は少し深く削るので、樹脂で塞ぐだけでは済みません。一度歯の型を取って、虫歯を削った部分にピッタリと収まるように金属や樹脂を被せます。治療には最低2回程度かかります。

2.歯に金属などを被せる(大きな虫歯・深い虫歯)

大きな虫歯や深い虫歯の場合、歯と歯がぶつかり合う際の力に耐えるようにするため、虫歯の箇所以外に歯の周囲も削って被せます。(2)と同じく一度型を取りますが、歯に丸ごとかぶせる、被せ物を作ることになります。治療には数回通う必要があります。

自費負担になる虫歯治療の被せ物

歯に使う材料だけでなく、より精度を追求したり、特別な技術で治療を行なう場合には、健康保険の適応外で自費診療になることがあります。

セラミック

保険適応では、銀歯になってしまう被せ物も、自費負担でセラミックを使用することで、目立たない自然の歯のような仕上がりにすることができます。
さらに年数が経過しても変色せず、耐久性にも優れています。特に最近注目されているのは、セラミックにジルコニア(人工ダイヤ)を配合した、硬くて強度のあるセラミックです。
これまでのセラミックは、脆いため衝撃に弱く、まれに欠けたり 割れたりすることもありました。この欠点を改善したのが、ジルコニア配合セラミックです。
金属並みの強度をもち、衝撃にも強いといわれ、それまで不可能であった治療への応用範囲が広がりました。金属を使用しないことは、見た目の更なる向上や、金属アレルギーの心配がないなどの大きなメリットとなります。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックの被せ物は、セラミックの成分と樹脂を混ぜ合わせたようなタイプで、白い色をしています。一度型を取った後ピッタリ嵌め込むようなタイプでは、保険適応では、銀色の金属が歯に埋め込まれたようになりますが、これを使用すると、歯と同じような色になるため、目立たなくすることが出来ます。

ゴールド

歯の被せ物で、機能面で最も理想的な材料は、金合金です。金属アレルギーも起こしにくく、歯と同じような熱膨張係数のため、食事などの温度変化が口の中で起こっても、歯に負担が掛かりません。さらに歯と同じような硬さのため、使用に伴い歯と同じように磨耗してくれます。そのため咬み合わせや、顎関節などに負担を与えにくいというメリットがあります。

百瀬歯科医院へのお問合せ