子どもの歯科矯正

子どものうちに健康な歯へ

早い段階でのチェックと定期的な観察

矯正歯科の治療法は、日進月歩しています。子どもの歯列矯正は、大人と比べると、方法や期間に違いがあります。それは、あごや骨格が完成し、固まった成人とは違い、体が成長過程にあることが理由です。
そして、お子さまに対しては、とても大事な治療です。お子さまの場合、歯科矯正治療が正しいかみ合わせを見極めるのは難しいといわれています。なぜなら、6歳頃までは乳歯が、12歳ぐらいまでは乳歯と永久歯が交ざっているからです。そこで、目安として3の倍数の年齢が歯の発育を知る基準になります。まず、3歳の頃には乳歯の歯並びが完成します。そして6歳には、 六歳臼歯(ろくさいきゅうし)といわれる上下の奥歯(第一大臼歯)が生えそろい、9歳になると乳歯と永久歯が交じり合った時期。そして、12歳になると一番奥の第二大臼歯が生えはじめ、15歳で永久歯の歯並びが完成します。さらに、親知らずが生え始めるのは18歳前後といわれています。もちろん、子どもの成長には、個人差はあります。人によっては1~2年は前後することがあるということを頭に入れて、それぞれのお子さまの歯の状態をチェックすることが大切です。まず、お子さまの発達状況を記録することが必要となります。

また歯列不正は、なぜ問題になるかというと、まずは見た目の問題、歯列不正により歯みがきがうまくいかず虫歯のリスクも高くなります。
なぜ歯列不正が起こるかというと、ほとんどが遺伝的な要因が多く関係していることが分っています。
もしご両親、親戚に歯並びの悪い方がいる場合、お子様の歯並びが悪くなる可能性は高くなります。
このようなことからも早い段階でのチェックと定期的な観察が大切となってきます。

まずは、お近くの歯科医か百瀬歯科治療院でご相談ください。

百瀬歯科医院へのお問合せ