小児歯科

小児歯科、お子さまの歯の治療について

お母さんといっしょに育てていきたい

お子さまの虫歯を治療するだけが小児歯科ではありません。お子さまの健やかな成長を歯科医師の立場から支援し、「お母さんといっしょに、健康で丈夫な美しい歯を育てていきたい」 と考えています。

健全な歯を育てる為のお母さんの役割りは、乳歯が生える以前からすでに始まっています。胎生7週めくらいから、乳歯はもうできはじめているからです。そして乳歯が顔をのぞかせるころには、もう永久歯が育ち始めています。妊娠から永久歯が生えそろう12~15歳くらいまでは、特に大切な時期です。このとき、お母さんがどのように歯を守り育てるかが、お子さまの将来の生活に大きな影響を与えます。

輝く白い歯は、大切なお子さまの財産です。お子さまが自分の力で、自分の歯を守れるようになるまで、この財産を大切に守り育てていく事は、お母さんの重要な仕事です。

虫歯が1本もない時から受診をはじめ、「お母さんといっしょになって、健康で丈夫な美しい歯を育てていきたい」 と考えております。

百瀬歯科医院へのお問合せ