Q&A

予防歯科について

Q:予防歯科とはどのようなことをするのですか?

A:虫歯や歯周病は、お口の中のプラーク(細菌の集まり)によって起こります。ひどくなるかどうかは、生活習慣や体質によって決まります。ですから、原因をなくし生活習慣や、からだの弱点を改善することが本当の治療です。
このような治療を予防歯科といい、これらを実践していけば年齢を重ねても歯で苦労する心配はありません。

Q:虫歯になりやすいのですがどうすれば予防できますか?

A:基本的には、予防をしていればなりません。しかし、個人差が大きいため歯質の弱い方等にはフッ素を使用したり、ブラッシングの方法を検討する必要があります。

Q:歯を強くゴシゴシ磨くといけないのですか?電動歯ブラシは効果がありますか?

A:基本的には、歯は強く磨く必要はありません。むしろ強く磨くことでいろいろな弊害が出ることも少なくありません。
電動ブラシは基本的にはお薦めします。しかし、必ずしも必要とは言えないためご相談ください。

Q:キシリトールガムは効果的な虫歯予防になりますか?

A:虫歯予防には非常に効果的です。採り方を工夫して使用してください。

虫歯について

Q:虫歯はどうして出来るのですか?

A:歯の色々な面にプラーク(歯垢)が付着することで虫歯は発生します。逆に言えばプラークが付着していなければ虫歯にはなりません。

Q:歯が黒く見えるのは虫歯ですか?また冷たいものがしみるのも虫歯ですか?

A:黒く見えるからと言っても必ずしも虫歯ではありません。冷たいものがしみるのは、虫歯の可能性もありますが知覚過敏の可能性もあります。

Q:銀歯を入れたらものすごくしみるようになりました。なぜでしょうか?

A:銀歯というのは基本的に金属で出来ています。金属は熱伝導率(熱を伝えやすい)がよいため、入れた直後はしみやすいこともあります。

Q:虫歯がうつるって本当ですか?

A:虫歯というのは基本的に感染症です。感染症は人から人にうつります。母親から子ども、家族性も関係していることも事実です。しかし、虫歯の人と接触したからすぐに発症する訳ではありません。

歯周病について

Q:たばこは歯周病と関係があるのでしょうか?

A:非常に関係が深いと言われています。

Q:歯周病治療に健康保険は使えますか?

A:基本的には適応されます。しかし、再生治療などの一部の治療では適応されないものもありますのでご相談ください。

Q:歯を抜かなければならない場合もありますか?インプラント以外の治療法もありますか?

A:歯周病に感染し、歯を抜かなくてはならない場合もあります。その際、インプラント治療以外にはブリッジ、入れ歯等の方法があります。

Q:歯周病は移りますか?

A:虫歯と同様に、基本的にはうつります。

子どもの歯科矯正について

Q:子どもの歯列矯正はいつ始めればよいですか?また、乳歯列だけの時から治療が必要ですか?

A:お子さまの発育には個人性が大きいため、治療開始の時期に関しては名言できませんが歯列(歯並び)に関しては遺伝的な要素が大きいです。

Q:矯正の治療期間はどのくらいかかりますか?

A:個人性が大きいため、名言できませんが早期に始めた方が早く終わることが多いです。

Q:どのくらいの間隔で通院するのですか?

A:矯正に関しては、治療が始まってしまえば1〜2ヶ月に一度の間隔で治療は進んでいきます。

Q:抜歯が必要ですか?

A:お子さまの場合、乳歯を早めに抜くことで歯並びを整えることもありますし、必要によっては抜歯をすることもあります。

Q:痛みはありますか?

A:歯を動かす場合には、基本的に痛みを伴います。しかし、痛みを感じるのは大抵最初の数日間のです。

大人の歯科矯正について

Q:歯並びが悪いのは遺伝ですか?

A:遺伝的な要素はかなり強いです。ご両親の歯並びが悪い場合は注意が必要です。

Q:矯正の治療期間はどのくらいかかりますか?

A:お子さまの場合と同じで、個人差、歯を動かす距離によっても期間は異なりますが、長い場合でも2〜3年程の目安でお考えください。

Q:大人になっても歯は動くのでしょうか?

A:基本的には大人になっても矯正は可能です。現在はお子さまより成人矯正の方が多いのも現実です。

Q:抜歯して矯正治療をすることもあるのですか?

A:成人の矯正の場合は、ほとんどが抜歯が必要になります。場合によっては大学病院などで手術(オペ)等を行うこともあります。

Q:矯正の治療費はどのくらいですか?

A:個人差、期間によっても異なります。ご相談ください。

Q:神経がなくても矯正治療できますか?また差し歯や歯周病でも矯正治療できますか?

A:神経を抜いてしまった歯でも矯正は可能ですが、歯周病にかかってしまっている歯では、歯周治療後に行うことがほとんどです。

ホワイトニングについて

Q:誰でもホワイトニングできますか?また子どもや高齢でもホワイトニングできますか。

A:基本的にはどなた可能です。しかし出来ない場合もありますのでご相談ください。

Q:歯や身体に悪影響やデメリットはありますか?また痛みはありますか?

A:デメリットはほとんどありませんが、治療中に痛み(しみ)を感じることがあります。

Q:ホワイトニングで白くなった歯はどのくらい持続しますか?

A:個人差はかなりありますが、半年から1年程度は白さを持続します。

Q:虫歯や歯列矯正中はホワイトニング出来ますか?

A:基本的にホワイトニングは治療が終わってから行なうことが多いです。

インプラントについて

Q:誰にでも治療は受けられますか?

A:年齢的に顎の骨が完成する20歳前後から、健康な方であれば基本的に誰でも治療を受ける事が出来ます。ただし、全身疾患、妊娠中の方などはインプラント治療を受けられない場合がありますので、担当医にご相談ください。

Q:手術の際に入院が必要ですか?

A:基本的に入院は必要ありません。但し、特殊な症例の場合や、全身疾患を有する患者さんの場合には入院して手術を行うこともあります。

Q:治療期間はどのくらいかかるのですか?

A:インプラントを埋入した部位や個人によって差がありますが、4ヶ月から7ヶ月程度の治療期間が必要となります。

Q:インプラントはどのくらいもちますか

A:患者さんのお口の中の衛生管理大きく関係してきますので、お口の衛生状態が悪いと寿命が短くなる場合もあります。常に衛生状態を良好に保ち、担当医師や衛生士の指導に従っていただくことが大切です。

Q:治療費用はどのくらいかかりますか?

A:現在は保険治療の適用になっていません。埋入するインプラントの本数など治療の内容により異なりますので、詳しくは担当医師にお聞きください。

百瀬歯科医院へのお問合せ